企業型年金と個人型年金

確定拠出年金には企業型年金と個人型年金の二種類のタイプがあります。
会社に勤めている方で、その会社が確定拠出年金制度を取り入れている場合、その方は企業型確定拠出年金に加入することになります。自営業などを営んでいる方が、将来に備えて確定拠出年金を利用していこうとした場合、その方は個人型確定拠出年金に加入することになります。
会社が確定拠出年金制度を導入していない方でも、自営業の方のように個人型確定拠出年金に加入することが可能となっております。
以下では、確定拠出年金の二つのタイプとして企業型年金と個人型年金の二種類について、それぞれ解説していきます。

・企業型年金
実施している企業の事業主が60歳未満の従業員を加入させて実施していくことになります。毎月、企業が従業員の老後の準備の資金として、掛け金を運用期間に積み立てていきます。
ちなみに、掛け金は毎月の給料から天引きされて支払われるかたちとなりますが、その分のお金は課税免除となります。掛け金が運用期間に積み立てられ、会社員一人ひとりがその運用機関に指示を与えることで、実際にお金が運用されていくこととなります。

・個人型年金
個人型年金の場合は、確定拠出年金を自分で銀行や証券会社などに申し込んで積みたてていく必要があります。企業型年金のように、毎月確定した年金額を運用機関に支払うこととなります。
その掛け金の運用を個人が指示をだし、運用機関が指示通りに運用していくという形となっています。個人型年金も課税免除となるので、資産と形成しながら節税対策も取れるのです。

以上のように、運用機関が実際には運用をする、課税免除となるといった点で共通しているのです。

Comments are closed.