受給できるタイミング

7-5確定拠出年金制度では、受給できるようになるのは原則的には60歳以上です。そのため、それまでは受給することはできず、積み立てと運用を繰り返していくことになります。その運用の結果次第で、受給額が異なってきますので、慎重に運用をしていきましょう。
さて、確定拠出年金制度では受給できるタイミングとして3種類のタイミングがあります。

 

・老齢給付金
最も一般的な確定拠出年金制度の受け取りタイミングといえます。
加入者が60歳になった時点で、確定拠出年金の受給が開始されます。
確定拠出年金の加入期間の長さによって、受け取れる年齢が異なってきます。
60歳の時点で受け取るためには、加入期間が10年を超えていることが求められます。
加入期間が短くなるにつれて、受給する年齢も上がっていくことになります。

 

・障害給付金
加入者が満70歳になるまでに、高度障害者になった場合に受給される確定拠出年金です。
受給方法としては年金方式と一時金方式から選ぶことが可能となっています。

 

・死亡一時金
確定拠出年金加入者が死亡した際に受給される死亡一時金という受給タイミングもあります。
遺族の申し出により、一時金というかたちで受給されることになります。

 

以上のように、確定拠出年金の受け取りとしては、基本的には60歳以降の話となります。年金加入者はそれまで運用を続け、その結果が受給のさいに反映されることになるのです。
そのため、積み立てと運用をコツコツと行うことで、老後の生活が豊かになります。また、死亡してしまったり、障害を持つことになってしまっても一時金の形で年金が支給されますので、いくらか安心です。

Comments are closed.