確定拠出年金の税制度

確定拠出年金の最大のメリットとして、節税対策に用いることが出来るというメリットが挙げられます。
確定拠出年金に加入していると、お金が増えたり、お金を支払ったりすることになるのですが、様々なところで税金に対する免除があるのです。将来の資産を形成していくと同時に、節税対策も行えますので、それだけでお金を増やしていくことが可能となっているのです。
確定拠出年金のメリットである税制度での優遇について、以下に説明します。

 

・掛け金の積立金が非課税になる
確定拠出年金に加入していますと、毎月年金を積み立てていくことになります。
企業型年金ですと、給料からその金額が天引きになりますが、その天引きされたお金は非課税対象となるのです。
また、個人型年金でも、積み立てた分のお金は非課税対象となります。
そのため、所得税や住民税が本来の納税額よりお得になるのです。

 

・運用で生じた利益も非課税
年金を運用していれば、当然利益が生じることもあります。
確定拠出年金の運用によって発生した利益は課税対象になりません。
そのため、利益が生じたとしても、その利益に税金がかかりませんので、ただ資産が増えるということになります。

 

・受給した際の支給金にも税制のメリットがある
年金受け取りの際も、公的年金などの控除となるという税制上のメリットがあります。

 

このように様々な場面で税制上のメリットが確定拠出年金はあるのです。
そのため、老後の蓄えを準備しつつ、現時点での税金の節約が行えるため、お金がさらに貯めやすくなるのです。

Comments are closed.