確定拠出型と確定給付型

確定拠出型年金と似たような名前で確定給付型年金という年金があります。どちらの年金方式も企業が採用しているものであり、名前が似ているため混同しやすくなっています。
しかしながら、この確定拠出型と確定給付型は似ているようで全く違うものとなっています。確定拠出型と確定給付型のそれぞれの特徴について説明します。

 

・確定拠出型年金
確定拠出型年金は、毎月の支払額が確定している年金です。
そのため、毎月一定の金額が企業の給料から天引きされ、運用機関に積み立てられていきます。
そして、年金加入者はその積み立てられた年金を運用することで利益を生みだしていくのです。
その運用の結果次第で、将来受け取ることになる年金額が上下するので、多少不安定となっています。
ですが、きちんと運用できれば、支払った以上の年金を受け取ることも可能となり、老後の生活が楽になるのです。

 

・確定給付型年金
確定給付型年金とは、将来給付される金額が確定している年金方式です。
確定拠出型年金では年金運用を加入者自身が行いますが、年金運用に関しては企業が行います。
そのため、企業に任せきりにしているだけでいいですし、将来もらえる年金額も安定しているため老後の計画がたてやすくなっています。
しかしながら、企業が運用に失敗したり、不景気の煽りをくらいますと、年金支給が企業にかなりの負担を与えます。
そのため、年金支給のさいに企業が負債を背負いこむことにもなりかねなません。
そのため、確定給付型年金制度を取り扱わない企業が多くなっているというのが現状です。

 

やはり企業としては負担の少ない確定拠出型年金を採用したがっているのというのが、現状となっているのです。

Comments are closed.