確定拠出年金のメリットまとめ

3-4確定拠出年金は自己責任型の投資信託のような年金です。
そのため、リスクも多少ありますが、メリットも多くあるのです。
こちらでは、そんな確定拠出年金のメリットについてまとめました。

 

・運用に成功すれば老後の生活が楽になる
年金に関する話題は暗いものばかりです。
高齢社会となった日本で、自分たちがもらえる年金が少なくなるという話ばかりを耳にします。
そのため、大切なお金をただただ年金として支払うことに嫌気がさしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

確定拠出年金でしたら、自分で納めた年金を運用することで、資産を増加させることも可能です。
そのため、ただ納めている年金に比べて、ずっとやりがいがありますし、老後にもらえる年金額が増える可能性も大いにあります。
老後の生活を豊かにするだけでなく、ただ納めていたと思っていた年金を自分の力で増やすことができるのですから、普通の年金よりずっと張り合いがあるというものです。

 

・節税対策になる
確定拠出年金にはあらゆる場面で税制上の優遇措置がとられています。
確定拠出年金として支払った年金は課税対象にならず、さらに所得から控除という扱いになるため、所得税や住民税がお得になります。
また、年金の運用で生じた利益に対する課税がなされないため、利益が生まれても税金を払う必要がありません。
また、受給の際にも税制上の優遇措置があるため、老後が豊かになるだけでなく、現時点での節税対策にもつながるのです。

確定拠出年金は慎重に運用すれば、老後の生活が裕福になる可能性がある年金ですので、ぜひご加入ください。

Comments are closed.