2017年に予定されている変更点

政府としては多くの人に私的年金に加入してもらって、自分の老後は自分で面倒を見て欲しいのです。高齢化社会はますます進み、そのうち年金制度を維持していくことがさらに困難になります。そのため、国の財政負担をなるべく民間で処理して欲しいと考えているのです。

 

そのため、2017年から確定拠出年金の加入条件の幅が広がり、専業主婦や公務員なども加入できるようになるのです。また、働き方の多様化に合わせて、あらゆる職場で確定拠出年金の引き継ぎがしやすくなるという変更もあります。
つまり、確定拠出年金の加入者を増やし、国の財政負担をなるべく個人一人ひとりに請け負わせるという方針の変更が行われるのです。

 

これは考えようによっては、非常に危険な状態ともいえます。確定拠出年金は乱暴な言い方をしてしまえば、投資信託と似た様な年金方式ですので、損する可能性も十分あるのです。
しかしながら確定拠出年金は基本的に「自己責任」ですので、運用に失敗しても保障はありません。そのため、大切な老後の蓄えの運用を失敗してしまっても、誰も助けてくれないなんて状況に追いやられてしまう可能性もあるのです。

 

逆に考えてみれば、当てにならない政府の年金制度よりも、自分で運用したほうがいいという方もいらっしゃるでしょう。確かに、運用に成功すれば確定拠出年金制度ですと支給額が増えるのですから、老後が豊かになります。

 

このように、年金制度も変遷を繰り広げているのです。確定拠出年金に加入するにしても、しないにしても、老後の計画などについて改めて考え直す機会が到来しているといえますので、どうか将来を見据えた計画について今一度お考えください。

Comments are closed.