日本版401K「確定拠出年金」

Fotolia_41066983_XS日本には国民年金や厚生年金といったただ納めるだけの年金以外にも様々な種類があります。その中でも日本401Kと言われているのが確定拠出年金です。
確定拠出年金とは私的年金の一つで、現役で働いている際にお金を納め、そのお金を運用して損益が年金に反映されるという年金です。言ってみれば、投資信託のようなシステムを取り入れた年金のようなものです。確定拠出年金はアメリカの401K (フォー・オー・ワン・ケー)に似ていることから日本版401Kと呼ばれることもあります。

 

確定拠出年金では、一人一人に口座が用意され、給料の一部が毎月その口座に積み立てられていきます。そして、将来の年金などのために、その口座のお金を増やすことを目標として運用していくのです。従来のように、会社からの退職金をあてにするような会社依存型ではなく、自己責任を伴う投資のような形で老後のお金を蓄えていくのです。

 

退職金などの会社から出るお金は安定しているようで、実はそれほど安定しないのです。会社の経営難などの理由で、予期せぬ減額などもありますし、インフレなどで退職金の価値が下がってしまうといったことも考えられます。また、退職金には限度があり、運用したほうが老後のお金多く蓄えておくことも可能なのです。

 

もちろん自己責任ですので、運用に失敗した場合はお金が減ってしまうこともあります。しかしながら、長期的な投資となるのは確定していますので、気長にコツコツとした運用をしていくことになりますので、安定しやすいのもまた事実です。ただ漠然とお金を支払うのではなく、自ら運用することで老後への準備を確定拠出年金では行えるのです。年金やローン、生活していくには大変お金がかかります。もし住宅ローンの支払いに悩んでいたら、住宅ローンが払えない人はこちらをご覧ください

 

将来のお金に対して不安を抱いている場合にはやはり金融についての専門的な知見が必要になりますのでそういった場合にはお金を借りる審査wikiなどの金融ポータルサイトをご覧になるとよいでしょう。